税理士の役割

| 未分類 |

}PgžxQ理士と公認会計士の違いは、税理士がクライアントの立場で正確な申告や税務調査に対応するのに対して、公認会計士は大企業などの会計を中立の立場で評価することにあります。
税務に関する申告などを正確に行うこと、税務署などの税務調査に対してクライアント側の立場でしっかりと対応すること、日々の会計処理のチェックを行ったりすることなどがその主な業務となりますが、会計帳簿のチェックは決算時期だけ手伝うという事務所もありますし、月ごとで会計帳簿のチェックを行うというところも存在する他、企業を立ち上げたばかりのところなどには日々会計帳簿のチェックを代行する場合もあります。その事務所ごとで様々な特色が出ていることも特徴です。
その事務所の人員や抱えている案件数が多ければ、当然ながら対応がキャパシティ的に無理ということになるので、この対応は自然なことであると言えるでしょう。
このように税務におけるプロフェッショナルとして、クライアントからの代行で業務を行うということがメインですが、税務処理、会計処理に対するクライアントからの質問への対応も含まれるほか、判断がつかない場合には税務当局への質疑などを行うこともあり得ます。