信託銀行の役割

| 未分類 |

ソファーとテーブル般的に銀行といえば、お金の出し入れや振り込み、各種ローンなどの利用を思い浮かべますが、信託銀行はこのような通常の銀行の業務以外に、信託業務というものを行うのが特徴です。
信託業務とは他人の財産を自分名義の財産として預かり、それを運用して得た利益を受益者に渡すことをいいます。信託銀行に財産を預ける人のことを委託者といいますが、一般的にはこの委託者が受益者になるケースが多くあります。
この信託業務が活かされるのは、投資信託や遺言などのケースが代表的です。投資信託は投資家が証券会社の商品を購入しておこなうものですが、証券会社は投資家から集めた資金を投資信託会社に渡して運用してもらいます。この際、投資信託会社は信託銀行と信託契約を結び、資金の管理を信託銀行にまかせるのです。
また相続の際にも信託銀行は重要な役割を果たします。特に信託商品の一つである遺言代用信託は、一定の金額を預け入れ、あらかじめ受取人を指定しておけば、一般的な銀行のように面倒な手続きをしなくても万が一の際にすぐにお金を手に入れることができます。さらに遺言書の作成やその実現を手助けする遺言信託という商品もあり、これを利用すれば遺言書の作成からその執行まで、一連の手続きをカバーしてもらうことが可能です。