司法書士の役割

| 未分類 |

ソファー司法書士の役割を簡単に説明しますと、個人や法人などからの依頼を受けて、法律の専門的知識が必要な書類を作成して、法務局や裁判所へ書類を提出したり、各種の手続を行ったりすることです。
個人や企業が依頼することで、最も多いのは登記です。登記とは法務局で管理されている不動産や法人などの名義などに関する情報です。不動産を購入しても法務局へ所有権の移転登記をしなければ、法律的には購入者のものにはならず、購入者の権利はまもられません。登記はトラブルが発生したときの裁判上の対抗要件として重要な作業なのです。
不動産に関する登記には、購入したときの所有権の移転登記、その際に住宅ローンを組むと抵当権設定登記、住宅ローンを完済した場合には抵当権抹消登記などがあります。また相続に伴う所有権移転や、住宅を新築したときにも登記が必要です。法人に関する登記には、会社を作ったときの法人設立登記、会社の名前を変えるときの商号変更登記、本社を移転したときの本店移転登記、会社経営をやめるときの解散登記などがあります。登記書類の作成や法務局への提出にあたっては、専門的知識が必要であり、司法書士に依頼することとなります。
また、平成15年に司法書士法が改正され、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所における訴訟代理業務が認められました。金銭トラブルで請求金額が140万円以下の事件は、簡易裁判所で扱われますが、この際に、依頼者に代わって弁論したり、調停や和解の手続を行ったりできます。消費者金融への過払い金返還請求について、テレビCMを流している司法書士事務書もあります。