相続により土地やテーブル建物を取得した場合、それらの不動産の名義を自己のものに変更する必要があります。通常、不動産の名義変更をするためには、登記を変更するために必要な登記事項証明書の取得や、名義変更登記にかかる登録免許税、司法書士への報酬などの費用が発生します。ただしこれらの費用のうち、司法書士への報酬は登記を自分で変更するのであれば必要ありません。
登録免許税は、相続を原因とする名義変更の場合、不動産の固定資産税評価額の0.4%が税額となります。この固定資産税評価額は固定資産税の納税通知書に記載されていますので、それを見ればおよその税額を知ることができます。
また登記の名義を変更する場合、現在の所有者を確認したり、変更後の登記内容を確認するために登記事項証明書を取得する必要があります。この証明書は土地一筆につき約1500円ほどです。
司法書士に依頼した場合の報酬は、各事務所によって異なります。これらの司法書士事務所では単純に不動産の名義を変更するだけでなく、遺産分割協議書の作成や戸籍などの必要書類の収集などを請け負っているところもありますので、費用面の確認も含めて、事前に詳しく相談しておくといいでしょう。