費用感について

| 未分類 |

}PgžxQ債務整理を行う場合に、司法書士や行政書士と、弁護士の費用が違いすぎるため、そのどちらに頼むべきかと迷っている人は多いと思います。
その費用の違いは、それぞれがどこまでサポートしてくれるのかにより異なります。基本的に司法書士や行政書士は、書類の作成は行ってくれますが実際の債権者との交渉や、裁判所への手続きなどは一切行わないことが多いものです。従って手続きはすべて自分で行わないといけません。
自分で簡単に行える人ならば費用の安い司法書士や行政書士に依頼すべきなのですが、実際に債権者との交渉などは法律的な知識が無いとかなり不利になることも多く、特に過払い金の請求、自己破産や民事再生における債務の免除の交渉などについては、なかなか相手が了承しないことが多いものです。
その点、弁護士は交渉事についても経験豊富で、大抵の場合は債権者は過払い金の請求に応じてくれるものです。また金額も弁護士は法律に則って理路整然と請求してくれるので、かなりの効果が期待できるものです。
司法書士や行政書士と弁護士の費用の違いは、結果的にその成果の期待度によるものとも言うことができます。その為、弁護士に依頼する際の費用感は、決して高いものではないという事が出来るでしょう。