» 未分類のブログ記事

デスク01続人が相続をすることのできる財産にはいくつもの種類がありますが、そのなかでも最も比率が大きいのが銀行などの金融機関へ預け入れている預貯金です。この預貯金に関しては、銀行などの金融機関が預貯金の名義人が死亡した事実を知った時点において口座が凍結されることになります。なぜ、口座の凍結が行われるかの理由については、預貯金の名義人が死亡した時点でその預金口座に預けられているお金は相続人の共有の財産となるためです。そのため、一部の相続人が勝手に預金を下ろしてしまうことを防止するために口座の凍結が行われ、勝手に預金を下ろすことができないようになります。
このような口座の凍結を解除するには預金の名義変更という手続きをしなければなりません。名義変更の詳しい手順については各銀行によってそれぞれ異なっているため、手続きをするには事前に銀行などの金融機関側へ問い合わせをしておく必要があります。
名義変更の手続きをするには事前に役所から相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明を入手しておく必要があります。そのため、名義を変更する手続き自体に費用がかかることはありませんが、必要な書類を入手するための役所へ支払う費用が最低限必要になってきます。

相続により土地やテーブル建物を取得した場合、それらの不動産の名義を自己のものに変更する必要があります。通常、不動産の名義変更をするためには、登記を変更するために必要な登記事項証明書の取得や、名義変更登記にかかる登録免許税、司法書士への報酬などの費用が発生します。ただしこれらの費用のうち、司法書士への報酬は登記を自分で変更するのであれば必要ありません。
登録免許税は、相続を原因とする名義変更の場合、不動産の固定資産税評価額の0.4%が税額となります。この固定資産税評価額は固定資産税の納税通知書に記載されていますので、それを見ればおよその税額を知ることができます。
また登記の名義を変更する場合、現在の所有者を確認したり、変更後の登記内容を確認するために登記事項証明書を取得する必要があります。この証明書は土地一筆につき約1500円ほどです。
司法書士に依頼した場合の報酬は、各事務所によって異なります。これらの司法書士事務所では単純に不動産の名義を変更するだけでなく、遺産分割協議書の作成や戸籍などの必要書類の収集などを請け負っているところもありますので、費用面の確認も含めて、事前に詳しく相談しておくといいでしょう。

相続の費用と費用 

| 未分類 |

身内の誰か}PgžxQが亡くなられた場合、その人の財産を相続するためには所定の手続きを行う必要があります。しかし、この相続の手続きに関しては決して難しいものではなく、基本的にすべての手続きを自分で行うことが可能です。しかし、役所は平日にしか開いていないため、仕事やその他の事情で平日に手続きを出来ない人の場合、手続きを自分でするのではなく、司法書士や弁護士などの専門家へ依頼をするのもひとつの手です。しかし、その場合には報酬を支払わなくてはならないのである程度の出費が必要になります。そのような支払いが気になるのであれば、可能な限り平日に時間を見つけてできるだけ短時間で手続きを完了できるように心掛けるようにしましょう。
相続に関する手続きを自分でする場合、その費用のほとんどは役所に対して支払うことになります。もしも、相続をした財産が不動産であったときに忘れてはならないのが不動産の登記ですが、それを行う際には登録免許税として対象となる不動産の固定資産評価額の0.4%の費用が必要になります。
また、そのほかの費用としては各種の証明書などを発行してもらう必要があるので、それらの証明書を発行してもらった分の料金を支払わなくてはなりません。

金融市ダイニング01場の一大転機となった金融ビッグバンが進んだことにより、金融・保険の自由化やグローバル化が進み、多様な商品であふれています。
公的な規制や法律で守られている部分もありますが、自己責任が求められています。
お金のやりくりは日々の生活だけでなく、生涯にわたって関わるもので人生設計に欠かせないものです。
そんな個人や企業に向けて、資産運用や不動産購入、保険の加入、相続・事業承継などライフプランニングに携わるのがファイナンシャルプランナーです。
ファイナンシャルプランナーの役割は情報の収集だけでなく、それを個人や企業が求めるものに当てはめて提案書の作成やアドバイスするなどトータルな視点でプランニングを進める点にあります。
資産運用ひとつとっても、多様な投資商品の中から個人の視点で選択するのは難しい一面があります。
保険の分野では家計の見直しで、ファイナンシャルプランナーの役割が注目されていますが、単に保険料を下げるだけでなく、顧客の保障を同時に充実させる両面で提案することも求められます。
制度が改正された相続の問題も然り、マイホームの購入においても頭金の準備やローンの選択・支払い計画まで、顧客に合った計画も必要になります。
自助努力も必要になる中で、本当に合ったライフプランニングとは何か、その選択にあたり適切な道しるべともなるのがファイナンシャルプランナーです。

信託銀行の役割

| 未分類 |

ソファーとテーブル般的に銀行といえば、お金の出し入れや振り込み、各種ローンなどの利用を思い浮かべますが、信託銀行はこのような通常の銀行の業務以外に、信託業務というものを行うのが特徴です。
信託業務とは他人の財産を自分名義の財産として預かり、それを運用して得た利益を受益者に渡すことをいいます。信託銀行に財産を預ける人のことを委託者といいますが、一般的にはこの委託者が受益者になるケースが多くあります。
この信託業務が活かされるのは、投資信託や遺言などのケースが代表的です。投資信託は投資家が証券会社の商品を購入しておこなうものですが、証券会社は投資家から集めた資金を投資信託会社に渡して運用してもらいます。この際、投資信託会社は信託銀行と信託契約を結び、資金の管理を信託銀行にまかせるのです。
また相続の際にも信託銀行は重要な役割を果たします。特に信託商品の一つである遺言代用信託は、一定の金額を預け入れ、あらかじめ受取人を指定しておけば、一般的な銀行のように面倒な手続きをしなくても万が一の際にすぐにお金を手に入れることができます。さらに遺言書の作成やその実現を手助けする遺言信託という商品もあり、これを利用すれば遺言書の作成からその執行まで、一連の手続きをカバーしてもらうことが可能です。

司法書士の役割

| 未分類 |

ソファー司法書士の役割を簡単に説明しますと、個人や法人などからの依頼を受けて、法律の専門的知識が必要な書類を作成して、法務局や裁判所へ書類を提出したり、各種の手続を行ったりすることです。
個人や企業が依頼することで、最も多いのは登記です。登記とは法務局で管理されている不動産や法人などの名義などに関する情報です。不動産を購入しても法務局へ所有権の移転登記をしなければ、法律的には購入者のものにはならず、購入者の権利はまもられません。登記はトラブルが発生したときの裁判上の対抗要件として重要な作業なのです。
不動産に関する登記には、購入したときの所有権の移転登記、その際に住宅ローンを組むと抵当権設定登記、住宅ローンを完済した場合には抵当権抹消登記などがあります。また相続に伴う所有権移転や、住宅を新築したときにも登記が必要です。法人に関する登記には、会社を作ったときの法人設立登記、会社の名前を変えるときの商号変更登記、本社を移転したときの本店移転登記、会社経営をやめるときの解散登記などがあります。登記書類の作成や法務局への提出にあたっては、専門的知識が必要であり、司法書士に依頼することとなります。
また、平成15年に司法書士法が改正され、法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所における訴訟代理業務が認められました。金銭トラブルで請求金額が140万円以下の事件は、簡易裁判所で扱われますが、この際に、依頼者に代わって弁論したり、調停や和解の手続を行ったりできます。消費者金融への過払い金返還請求について、テレビCMを流している司法書士事務書もあります。

税理士の役割

| 未分類 |

}PgžxQ理士と公認会計士の違いは、税理士がクライアントの立場で正確な申告や税務調査に対応するのに対して、公認会計士は大企業などの会計を中立の立場で評価することにあります。
税務に関する申告などを正確に行うこと、税務署などの税務調査に対してクライアント側の立場でしっかりと対応すること、日々の会計処理のチェックを行ったりすることなどがその主な業務となりますが、会計帳簿のチェックは決算時期だけ手伝うという事務所もありますし、月ごとで会計帳簿のチェックを行うというところも存在する他、企業を立ち上げたばかりのところなどには日々会計帳簿のチェックを代行する場合もあります。その事務所ごとで様々な特色が出ていることも特徴です。
その事務所の人員や抱えている案件数が多ければ、当然ながら対応がキャパシティ的に無理ということになるので、この対応は自然なことであると言えるでしょう。
このように税務におけるプロフェッショナルとして、クライアントからの代行で業務を行うということがメインですが、税務処理、会計処理に対するクライアントからの質問への対応も含まれるほか、判断がつかない場合には税務当局への質疑などを行うこともあり得ます。

弁護士の役割

| 未分類 |

}PgžxQ弁護士は、法律を駆使して様々な民事問題や刑事問題に立ち向かう「法律の専門家」です。日本国憲法で定められている「基本的人権」を尊重しながら、社会の正義の実現を目指していくのが主な役割です。さて、私達の人生において、様々な場面で望まぬ争いや法律に絡む問題が発生することがあります。多くの場合、法律に定められている事項に基づいて問題解決を図っていくのが理想ですが、一般人にとっては法律は難解で理解出来ない事項も数多く存在します。そのため、法律の専門家である弁護士が、様々な法律の知識を駆使しながら、適切なアドバイスや法的手続きを取っていきます。まさに、法律に絡むトラブルが起こった際に強い味方となってくれるのです。また、弁護士は「刑事事件」と「民事事件」の両方を扱うことが出来ますが、ほとんどの場合は、私達の生活で起こる様々なトラブルに関する「民事事件」を扱います。具体的には、離婚に関するトラブルや相続争い、残業代不払いなどが挙げられます。当事者同士が話し合っても解決の見込みが立たない場合は、弁護士を「代理人」として法的な解決を目指していきます。一方、「刑事事件」は警察が介入する刑法上の犯罪に関する事件を指します。よくニュースでも耳にしますが、犯罪を犯した被告人にも弁護士が付き、検察側の検察官と争いを進めていきます。

費用感について

| 未分類 |

}PgžxQ債務整理を行う場合に、司法書士や行政書士と、弁護士の費用が違いすぎるため、そのどちらに頼むべきかと迷っている人は多いと思います。
その費用の違いは、それぞれがどこまでサポートしてくれるのかにより異なります。基本的に司法書士や行政書士は、書類の作成は行ってくれますが実際の債権者との交渉や、裁判所への手続きなどは一切行わないことが多いものです。従って手続きはすべて自分で行わないといけません。
自分で簡単に行える人ならば費用の安い司法書士や行政書士に依頼すべきなのですが、実際に債権者との交渉などは法律的な知識が無いとかなり不利になることも多く、特に過払い金の請求、自己破産や民事再生における債務の免除の交渉などについては、なかなか相手が了承しないことが多いものです。
その点、弁護士は交渉事についても経験豊富で、大抵の場合は債権者は過払い金の請求に応じてくれるものです。また金額も弁護士は法律に則って理路整然と請求してくれるので、かなりの効果が期待できるものです。
司法書士や行政書士と弁護士の費用の違いは、結果的にその成果の期待度によるものとも言うことができます。その為、弁護士に依頼する際の費用感は、決して高いものではないという事が出来るでしょう。