弁護士の役割

| 未分類 |

}PgžxQ弁護士は、法律を駆使して様々な民事問題や刑事問題に立ち向かう「法律の専門家」です。日本国憲法で定められている「基本的人権」を尊重しながら、社会の正義の実現を目指していくのが主な役割です。さて、私達の人生において、様々な場面で望まぬ争いや法律に絡む問題が発生することがあります。多くの場合、法律に定められている事項に基づいて問題解決を図っていくのが理想ですが、一般人にとっては法律は難解で理解出来ない事項も数多く存在します。そのため、法律の専門家である弁護士が、様々な法律の知識を駆使しながら、適切なアドバイスや法的手続きを取っていきます。まさに、法律に絡むトラブルが起こった際に強い味方となってくれるのです。また、弁護士は「刑事事件」と「民事事件」の両方を扱うことが出来ますが、ほとんどの場合は、私達の生活で起こる様々なトラブルに関する「民事事件」を扱います。具体的には、離婚に関するトラブルや相続争い、残業代不払いなどが挙げられます。当事者同士が話し合っても解決の見込みが立たない場合は、弁護士を「代理人」として法的な解決を目指していきます。一方、「刑事事件」は警察が介入する刑法上の犯罪に関する事件を指します。よくニュースでも耳にしますが、犯罪を犯した被告人にも弁護士が付き、検察側の検察官と争いを進めていきます。